手作り石鹸資格のおすすめまとめ

手作り石鹸資格のおすすめまとめサイトイメージ

いまフリマアプリなどで、ハンドメイド市場が盛り上がっています!そのなかでも手作り石鹸は人気商品ですよね!当サイトでは、手作り石鹸を学ぶために役立つ情報や、スキルアップにおすすめの資格、その合格のためにおすすめの通信講座の魅力などをわかりやすく解説していきます。ハンドメイドで女子力アップ!

MENU

海外での石鹸に対する一般常識

海外での石鹸に対する一般常識

日本で生活していると、わたしたちが普段目にしていることや行っていることはすべて正しく、一般的な常識的のものと考えています。

しかし、海外にいる外国人が日本人をみると、驚くようなこともあります

では、石鹸についてはどうでしょうか?海外では石鹸に対してどのような常識があるのでしょうか?

泡立つ石鹸がいいと思っているのは日本人だけ?!

泡立ちのいい石鹸はお肌に優しい、という話をみなさんは聞いたことありませんか?

テレビなどのメディアでも、ホイップのようにきめ細かな、モッチリ泡が作れる石鹸が良い石鹸である、というイメージで宣伝されているので、多くの方がいい石鹸は泡立ちがよいもの、と思われていることでしょう。

しかし、この泡を立てるために「合成界面活性剤」が配合されています。合成界面活性剤は泡立ちをよくする成分で、お肌への刺激が強い添加物です。

泡立ちがいい石鹸がいい石鹸というイメージを持つのは日本だけで、海外では泡立たちがいい石鹸はいい石鹸とは言われていません。

そのため、市販の石鹸を購入する際には、配合されている成分をしっかり確認するようにしましょう。

原料とのバランスが大切!

では、海外の石鹸はすべて泡立ちが悪いのでしょうか?いいえ、そのようなことはありません。

肌に負担になるような成分「合成界面活性剤」や「ラウリン酸」などに頼らず、使用する原料の組み合わせとバランスを工夫することで、泡立ちのよい石鹸を作れるのです。

そのため、肌によい成分と悪い成分をしっかり理解し、少しでもお肌への負担を軽くするような石鹸を選ぶようにしましょう。

もし市販の石鹸で満足することができないときは、自分で石鹸を手作りするのもひとつの方法です。

安全な石鹸作りに挑戦してみよう!

自分で材料を選び、自分の目で確かめながら石鹸を作れば、安心&安全な石鹸を作れます。すでに趣味として、石鹸づくりを楽しんでいる方もいらっしゃるかもしれません。

そのような方も含め、手作り石鹸資格を目指して、石鹸作りについて本格的に挑戦してみませんか?

そこでおすすめなのが、諒設計アーキテクトラーニングの「コールド・プロセスソープマイスターW資格取得講座」の受講です。

この講座は「コールド・プロセスソープマイスター」と「石鹸アーティスト」の認定試験に有効な講座内容を提供しています。

それに加え、テキストに沿って、実際に石鹸作りを楽しめるよう工夫もされているため、石鹸作りが初心者の方でも安心して学べるのがポイントです。これを機会に講座を受講して、安全な石鹸作りに挑戦してみてはいかがでしょうか?

まとめ

いかがでしたか?さらに石鹸について学びたい方は、諒設計アーキテクトラーニングの講座の受講をおすすめします。まずは無料の資料請求からはじめてみましょう。

コールド・プロセスソープマイスターW資格取得講座


  • トップ