手作り石鹸資格のおすすめまとめ

手作り石鹸資格のおすすめまとめサイトイメージ

いまフリマアプリなどで、ハンドメイド市場が盛り上がっています!そのなかでも手作り石鹸は人気商品ですよね!当サイトでは、手作り石鹸を学ぶために役立つ情報や、スキルアップにおすすめの資格、その合格のためにおすすめの通信講座の魅力などをわかりやすく解説していきます。ハンドメイドで女子力アップ!

MENU

石鹸の主成分と殺菌効果

石鹸の主成分と殺菌効果

多くの方が子どもの頃から、親や学校の先生などにトイレのあとや、学校から帰宅したら、石鹸で手を洗うように!と言われてきたのではないでしょうか?

また、冬場になると手洗いうがいをするようにとよく言われます。

では、石鹸にはどんな成分が含まれているのでしょうか?

石鹸の主成分と殺菌効果についてみてみましょう。

石鹸の主成分とは?

石鹸は汚れを落とす洗浄剤のひとつに該当します。主成分は、動物性の油脂です。

製造過程によって香料や炭酸塩、界面活性剤、保存料などの添加物が含まれている石鹸や、含まれていない石鹸があります。

無添加の石鹸は純石鹸とも呼ばれており、脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウムだけで作られています

石鹸の殺菌効果とは?

石鹸は抗菌剤や殺菌剤のような役目を果たすことはできません。つまり、直接細菌を殺すことはできません。しかし、細菌を取り除くこと、つまり、除菌することはできます。

それには、正しい方法で石鹸と使い、汚れを落とすことで効果を実感できます

市販の石鹸の場合、殺菌効果をうたったものを使用すれば、普通の石鹸より殺菌効果を期待することが可能です。また、石鹸を手作りする場合は、アルカリによって細菌が繁殖しにくい環境を作りだせるようになります。

殺菌効果のある石鹸を手作りしてみよう!

老舗通信教育機関「諒設計アーキテクトラーニング」が提供している「コールド・プロセスソープマイスターW資格取得講座」を受講することで、さまざまな種類の石鹸が作れる知識とスキルを身に付けることが可能です。

毎日30分の学習でも6ヵ月で日本デザインプランナー協会主催の「コールド・プロセスソープマイスター」と、日本インストラクター協会主催の「石鹸アーティスト」の2資格取得が目指せる内容となっています。

初心者の方でも問題なく学べるよう、専門家のもとテキストが監修されていますし、学習中分からないことがあった場合、何度でも質問できるといった、質疑応答サポート体制も充実しているのもポイントです。まずは無料の資料請求からはじめてみませんか?

まとめ

石鹸は抗菌剤や殺菌剤のような役割はありませんが、除菌効果はあります。諒設計アーキテクトラーニングの「コールド・プロセスソープマイスターW資格取得講座」を受講することで、さまざまな種類の石鹸の知識と作り方のスキルが学べるようになっています。

この機会に、石鹸について本格的に学んでみるのはいかがですか?手作り石鹸のプロを目指し、講座受講を検討されることをオススメします。

コールド・プロセスソープマイスターW資格取得講座


  • トップ