手作り石鹸資格のおすすめまとめ

手作り石鹸資格のおすすめまとめサイトイメージ

いまフリマアプリなどで、ハンドメイド市場が盛り上がっています!そのなかでも手作り石鹸は人気商品ですよね!当サイトでは、手作り石鹸を学ぶために役立つ情報や、スキルアップにおすすめの資格、その合格のためにおすすめの通信講座の魅力などをわかりやすく解説していきます。ハンドメイドで女子力アップ!

MENU

手作り石鹸1つ作るのにかかるコスト

手作り石鹸1つ作るのにかかるコスト

店頭にはさまざまな種類の石鹸が並んでおり、その価格も異なっています。

安い石鹸はお肌に刺激が強すぎる一方、お肌に優しい石鹸を選ぶと高い価格が設定されているのが一般的です。

では、自分で石鹸を作るとしたら、どのくらいのコストで作れるのでしょうか?

手作り石鹸1つにかかるコストをみてみましょう。

石鹸作りに欠かせない材料とは?

石鹸作りに欠かせない材料のひとつとして苛性ソーダがあります。苛性ソーダは容量によって価格が異なりますが、450gのものなら300円程度で購入することができます。

また、精製水も必要不可欠な材料ですが、ドラッグストアなどで100円前後で販売されています。その他に必要な材料として、石鹸を流し込む型や、香りを付けるアロマオイルなども、作りたい石鹸の種類によって変わってきます

手作り石鹸のコストはどのくらい?

自分で材料を選ぶことができる手作り石鹸なら、市販されている石鹸よりもコストを抑えることが可能です。

しかも肌に合った美容成分を選べること、安心で安全な石鹸を自分の目で確かめながら作れること、といったメリットがあります。

香りをつけるためにアロマオイルを添加したり、カラーを付けたりすると、若干コストは上がります。また、配合する成分によっても価格は変動しますが、1本500g程度の石鹸なら200~700円程度で作ることが可能です。

手作り石鹸作家を目指せる諒設計アーキテクトラーニングの講座

諒設計アーキテクトラーニングでは、日本デザインプランナー協会主催の「コールド・プロセスソープマイスター」と、日本インストラクター協会主催の「石鹸アーティスト」の認定試験に有効な「コールド・プロセスソープマイスターW資格取得講座」を提供しています。

この講座では、石鹸の基本や石鹸作りに必要な工程、必要な材料、さまざまな種類の石鹸の知識とその作り方について学べる内容です。

初心者の方でも問題なく学べるようカリキュラムが構成されているので、初めてだけど石鹸作りに挑戦したい!と思っている方でも安心して受講できます。手作り石鹸のプロを目指し、講座の受講を検討してみませんか?

まとめ

手作り石鹸は市販されている石鹸よりも、安全でコストを抑えることも可能です。

しかし、作りたい石鹸の種類により使用する材料も異なってくるため、石鹸ひとつにかかるコストも変わってきます。

コールド・プロセスソープマイスターW資格取得講座


  • トップ