手作り石鹸資格のおすすめまとめ

手作り石鹸資格のおすすめまとめサイトイメージ

いまフリマアプリなどで、ハンドメイド市場が盛り上がっています!そのなかでも手作り石鹸は人気商品ですよね!当サイトでは、手作り石鹸を学ぶために役立つ情報や、スキルアップにおすすめの資格、その合格のためにおすすめの通信講座の魅力などをわかりやすく解説していきます。ハンドメイドで女子力アップ!

MENU

ハンドソープの成分とデメリット

ハンドソープの成分とデメリット

石鹸にはさまざまな種類があり、その中でもまず大きく三つ固形タイプと泡タイプ、そして液体タイプに分けられます。

ポンプを押して液体が出てくるハンドソープは、子どもでも簡単に使えるので、使用している家庭は多いのではないでしょうか?

では、それに含まれている成分は何でしょうか?含まれている成分とデメリットについてみてみましょう。

ハンドソープに含まれている成分は何?

液体タイプのハンドソープには、何を原料として作られているのでしょうか?

液体石鹼は、脂肪酸と水酸化を反応させた「脂肪酸カリウム」を原料として作られています。これは水に溶けやすい原料なため、液体タイプの石鹸に使用されており、固形タイプの石鹸とは全く異なる原料を使用しています

つまり、ハンドソープの主成分は「脂肪酸カリウム」で、石鹸素地とも呼ばれています。それに加え、保湿成分や界面活性剤なども含まれています

ハンドソープのデメリットとは?

液体タイプのハンドソープの場合、固形タイプや泡タイプのハンドソープと比較すると、純粋の石鹸成分の配合量が少ないため、洗浄力に落ちるというデメリットがあります。

また、使用する際注意しないと、周囲に石鹸液が飛散してしまいます。しかし、メリットも多いのも事実です。

たとえば、固形タイプの石鹸よりもコストを抑えることや、使いまわしても他の人の手の汚れが付着する可能性が低いこと、泡立て時間を短縮できるなどのメリットがあります。

さまざまな種類の石鹸が作れるようになる諒設計アーキテクトラーニングの手作り石鹸講座

ハンドソープを自分で作ることは可能です。

独学で学んで作ることもひとつの方法ですが、「諒設計アーキテクトラーニング」の「コールド・プロセスソープマイスターW資格取得講座」を受講することで、石鹸についての色々な知識と、さまざまな種類の石鹸を作れるスキルを効率的に学べるようになっています。

すでに趣味として石鹸作りを楽しんでいる方はもちろん、石鹸作り初心者の方でも問題なく学べるよう、プロの監修のもとに独自のテキストを採用しています。まずは無料の資料請求からはじめてみませんか?

まとめ

石鹸は種類によって成分が異なっているため、メリットやデメリットも異なってきます。しかし、自分で石鹸を作ることで、それらを活かして自分好みの石鹸を作れるようになるでしょう。

この機会に本格的な石鹸作りに挑戦してみてはいかがですか?

コールド・プロセスソープマイスターW資格取得講座


  • トップ