手作り石鹸資格のおすすめまとめ

手作り石鹸資格のおすすめまとめサイトイメージ

いまフリマアプリなどで、ハンドメイド市場が盛り上がっています!そのなかでも手作り石鹸は人気商品ですよね!当サイトでは、手作り石鹸を学ぶために役立つ情報や、スキルアップにおすすめの資格、その合格のためにおすすめの通信講座の魅力などをわかりやすく解説していきます。ハンドメイドで女子力アップ!

MENU

資格の難易度と勉強方法

資格の難易度と勉強方法

ハンドメイド市場が年々拡大するにあたり、ハンドメイド作品を作る方も増えています

作品にはさまざまな種類が出品されていますが、その中のひとつとしてハンドメイドソープも人気が高い作品のひとつです。

そのため、女性を中心に石鹸資格が注目されています。石鹸資格はどのような資格なのでしょうか?

その難易度と勉強方法についてみてみましょう。

手作り石鹸資格とは?

手作り石鹸資格にはいくつかの種類が存在していますが、すべて民間団体が主催している民間資格です。

数多くある中でも人気の手作り石鹸資格は、受験資格が特に求められておらず、誰でも自由に受験することが可能なものです。

その資格とは、日本デザインプランナー協会主催の「コールド・プロセスソープマイスター」と、日本インストラクター協会主催の「石鹸アーティスト」の2つがあり、非常におすすめの資格です。

では、これらの資格の難易度をみてみましょう。

手作り石鹸資格の難易度について

コールド・プロセスソープマイスター」認定試験を受験するには、主催している日本デザインプランナー協会のホームページで申請手続きをする必要があります。

認定試験は年に6回実施されており、在宅受験を採用しています。合格基準は70%以上と設定されているので、比較的合格しやすい試験と言えるでしょう。

石鹸アーティスト」認定試験についてはどうでしょうか?

こちらも主催している日本インストラクター協会の公式ホームページで受験の申請を行います。コールド・プロセスソープマイスター同様、年に6回試験が実施されており、自宅での受験となっています。

合格基準は70%以上となっています。

手作り石鹸資格取得の勉強方法とは?

コールド・プロセスソープマイスターも石鹸アーティストも合格基準は70%以上ですが、石鹸に関する専門的な知識が出題されるので、しっかり試験対策をして受験に臨む必要があります。

そこでおススメの勉強方法のひとつとして、2つの認定試験に有効な諒設計アーキテクトラーニングの「コールド・プロセスソープマイスターW資格取得講座」の受講です。

当講座を利用すれば、資格に直接的に対応しており、体系的に効率よく学べる内容となっています。

この講座は、初心者の方でも問題なく学べるようカリキュラムが構成されています。また、学習中に分からないことがあった場合、専属トレーナーに何度でも質問できるというような、質疑応答サポート体制が整っているのも人気の秘密です。

まとめ

コールド・プロセスソープマイスターと石鹸アーティストは、合格基準は70%以上なので比較的合格しやすい認定試験ですが、専門的な知識が出題されるのでしっかり勉強して試験に臨む必要があります。

諒設計アーキテクトラーニングの講座を受講し、試験勉強をしませんか?

コールド・プロセスソープマイスターW資格取得講座


  • トップ