手作り石鹸資格のおすすめまとめ

手作り石鹸資格のおすすめまとめサイトイメージ

いまフリマアプリなどで、ハンドメイド市場が盛り上がっています!そのなかでも手作り石鹸は人気商品ですよね!当サイトでは、手作り石鹸を学ぶために役立つ情報や、スキルアップにおすすめの資格、その合格のためにおすすめの通信講座の魅力などをわかりやすく解説していきます。ハンドメイドで女子力アップ!

MENU

手肌に優しい石鹸の特徴

手肌に優しい石鹸の特徴

石鹸を使用した後、肌がつっぱったように感じたり、肌が荒れたり・・という経験を誰もが一度は経験したことがあるのではないでしょうか?

そのため、”無添加石鹸”と聞くと、手肌に優しいイメージがあります。しかし、無添加と謳われている石鹸でも肌に負担を与える場合があります

では、手肌に優しい石鹸にはどのような特徴があるのでしょうか?

界面活性剤とは?

石鹸を含めた洗剤には、「界面活性剤」という洗浄成分が使用されています。この成分は、油分と水分を融合させる役割があるため、皮脂を吸着して水でキレイに流すことが可能です。

界面活性剤には、人工的に作られた「合成界面活性剤」と、牛脂や植物成分を使用している「天然界面活性剤」の2タイプがあります。

合成界面活性剤は洗濯洗剤や食器洗剤などにも使用されており、これが石鹸に含まれていると肌への刺激は強くなり、肌に必要な皮脂を奪うほど肌への負担は大きくかかってきます

市販されている石鹸の多くには、合成界面活性剤が使用されています。そのため、手肌に優しい石鹸を選ぶ際には、天然の界面活性剤を使用しているものを選ぶようにしましょう

天然由来の保湿成分が含まれている石鹸は手肌に優しい!

天然由来の保湿成分が含まれている石鹸は、手肌に優しいので、敏感肌やアトピー肌など肌トラブルを抱えている方でも安心して使用することが可能です

手肌に優しい石鹸の場合、天然由来の成分が残るよう釜焚き製法(ホットプロセス)とコールドプロセスで石鹸を作ります。これらの製法で石鹸を作れば天然の保湿成分が残り、化学的な保湿剤や添加物を配合しなくても、手肌に潤いや保湿を与えられます

特に加熱を行わないコールドプロセスは、ホットプロセスよりも天然由来成分を多く残すことができるので、保湿成分がたっぷり含まれた石鹸を作れます

諒設計アーキテクトラーニングの「コールド・プロセスソープマイスターW資格取得講座」

諒設計アーキテクトラーニングでは、手肌に優しい石鹸作りを学びながら「コールド・プロセスソープマイスター」と「石鹸アーティスト」認定試験に有効な「コールド・プロセスソープマイスターW資格取得講座」を提供しています。

石鹸作りと聞くと難しそうに感じる方もいるかもしれませんが、とてもシンプルな方法で、簡単に石鹸を手作りすることが可能です。

自分で手作りする一番のメリットは、安全&安心感を得られることです。手肌に優しい石鹸作りに挑戦してみませんか?

まとめ

諒設計アーキテクトラーニングの講座を受講することで、石鹸の知識とさまざまな種類の石鹸が作れるスキルが身につくため、手肌に優しい石鹸が作れるようになります。

まずは無料の資料請求からはじめてみませんか?

コールド・プロセスソープマイスターW資格取得講座


  • トップ