手作り石鹸資格のおすすめまとめ

手作り石鹸資格のおすすめまとめサイトイメージ

いまフリマアプリなどで、ハンドメイド市場が盛り上がっています!そのなかでも手作り石鹸は人気商品ですよね!当サイトでは、手作り石鹸を学ぶために役立つ情報や、スキルアップにおすすめの資格、その合格のためにおすすめの通信講座の魅力などをわかりやすく解説していきます。ハンドメイドで女子力アップ!

MENU

特殊な形の石鹸を作る方法とコツ

特殊な形の石鹸を作る方法とコツ

手作り石鹸は、石鹸に必要な材料を溶かしたり、混ぜたり、好みの型に流しこんで固めるのが基本的な作り方です。

つまり、基本的な作り方をマスターすれば、さまざまな形のオリジナル石鹸を作ることが可能です。

カラーや香りでオリジナル感をだせるのですが、形にも個性を出すことで、オリジナリティに溢れた石鹸を完成させられるでしょう。

では、特殊な形の石鹸を作るには、どのようにしたら良いのでしょうか?

特殊な形も作れる「シリコンモールド」

お菓子作りなどでよく使われる、シリコンゴムでできたシリコンモールドは、ハンドメイト制作でよく使用されるアイテムです。さまざまな形のものが市販されており、型から簡単に抜き出せるのがポイントです。

ハートや星、花などの定番からキャラクター型など、さまざまな種類があるので、個性的で特殊な形の石鹸を作る際にもオススメの道具として使用可能でしょう。

また、大きさも豊富で、小さなものから大きなものまで揃っています。石鹸素地を型に流しこんで、固まったら型から抜くだけで簡単に制作することが可能です。

型を手作りしてみよう!

シリコンモールドにはないような、特殊な形の石鹸を作りたい場合には、どのようにすれば良いのでしょうか?その方法として、自分で石鹸生地を流し込める「型」を作ると良いでしょう。

牛乳パックなどを使用し、自分がイメージしている特殊な形の型を作ります。その際には、石鹸生地は流れ出さないように隙間のない型を作りましょう

型さえ完成すれば、基本的な石鹸の作り方した後で、最後にその型を使用することによって、特殊な形の手作り石鹸の完成です。

手作り石鹸作家を目指して手作り石鹸資格を取得しよう!

諒設計アーキテクトラーニングでは、日本デザインプランナー協会主催の「コールド・プロセスソープマイスター」と、日本インストラクター協会主催の「石鹸アーティスト」の認定試験に対応している「コールド・プロセスソープマイスターW資格取得講座」を提供しています。

石鹸についての基礎的な知識をはじめとして、石鹸作りに必要な材料や道具、さまざまな種類の石鹸とその作り方など手作り石鹸に必要な知識と技術を一通り学べます。

通常6ヵ月間という受講期間で講座卒業後、2資格の同時取得が可能です。講座卒業後は資格を活かして自分の作品を販売し、手作り石鹸作家として活動できます

まとめ

いかがでしたか?特殊な形の石鹸を作りたい場合は、シリコンモールドを利用したり、自分で型を作ってみましょう

諒設計アーキテクトラーニングの講座では、さまざまな種類の石鹸作りが学べる内容です。まずは無料の資料請求からはじめてみましょう。

コールド・プロセスソープマイスターW資格取得講座


  • トップ