手作り石鹸資格のおすすめまとめ

手作り石鹸資格のおすすめまとめサイトイメージ

いまフリマアプリなどで、ハンドメイド市場が盛り上がっています!そのなかでも手作り石鹸は人気商品ですよね!当サイトでは、手作り石鹸を学ぶために役立つ情報や、スキルアップにおすすめの資格、その合格のためにおすすめの通信講座の魅力などをわかりやすく解説していきます。ハンドメイドで女子力アップ!

MENU

資格を生かして働くには?

資格を生かして働くには?

市販されている石鹸は一般に刺激が強いため、お肌に優しい石鹸を作ることがブームとなっています。

それに伴い、手作り石鹸資格が注目されています。

手作り石鹸資格を目指すことで、さまざまな種類の石鹸作りを学べる内容です。

関連するような仕事に就職する場合、履歴書でアピールすることで、有利に働く可能性があります。

では、資格を活かしてどのように働けるのか具体的にみてみましょう。

手作り石鹸資格とは?

手作り石鹸資格にはいくつかの種類が存在していますが、すべて民間団体が主催している民間資格です。

数多くある中でも人気の手作り石鹸資格は、受験資格が特になく、誰でも自由に受験することが可能な日本デザインプランナー協会主催の「コールド・プロセスソープマイスター」と、日本インストラクター協会主催の「石鹸アーティスト」です。

では、これらの資格を取得したら、それを活かして働くにはどのようにしたら良いのでしょうか?

コールド・プロセスソープマイスター資格を活かす方法とは?

コールド・プロセスソープマイスターは、石鹸の原料となるオイルを自分で配合して作れることを証明する資格です。

そのため、肌に合った調合をしたり、ハーブを調合したり、香りを付けるなど、さまざまな種類の石鹸を作れるようになります。自分のために作ることはもちろん、その知識やスキルを活かして、手作り石鹸作家として活動することが可能です。

最近はハンドメイド市場も拡大しており、手作り石鹸も人気アイテムのひとつです。資格をアピールポイントし販売することで、売り上げアップにつなげることもできるでしょう。

石鹸アーティスト資格を活かす方法とは?

石鹸アーティストは、石鹸を作るスキルがあることはもちろん、講師として教える能力があることも証明する資格です。

そのため、資格を活かしてカルチャースクールやセミナー、生涯学習センター、自宅などを利用して、講師として石鹸作りの魅力を教えることが可能です。

また、手作り石鹸を販売したり、オリジナル石鹸レシピを公開するなど、石鹸作りのプロとして活動の幅を広げられます

まとめ

コールド・プロセスソープマイスターと石鹸アーティストの認定資格は、諒設計アーキテクトラーニングの「コールド・プロセスソープマイスターW資格取得講座」を受講することで、効率よく試験対策をすることができるため、資格取得に有利となります。

初心者の方でもテキストに沿って石鹸作りをすることで、スキルを取得することが可能です。まずは無料の資料請求からはじめてみましょう。

コールド・プロセスソープマイスターW資格取得講座


  • トップ